プロポーズリングの基礎知識

プロポーズリングではダイヤモンドの台座選びも大切

プロポーズリングではダイヤモンドの台座選びも大切 結婚をする前に、男性が必ず手に入れるものがプロポーズリングです。
日本では毎年約20万個もの販売を実施しており、その数だけプロポーズをなさる男性がいるというわけです。
どんな商品を購入するのかはそれぞれ異なりますが、ここでは商品選びで欠かせない事柄をご紹介しましょう。
それはプロポーズリング本体と台座のことです。
台座は特に注目したい点であり、しっかりと爪でダイヤモンドを支えているものを購入するのが吉です。
その理由は1カラット以上のダイヤモンドが基本のプロポーズリングなので、身につけていても落とさないものを選択しないといけないからです。
昨今はリング本体に埋め込むタイプのプロポーズリングが人気ですが、この場合は接着剤でとめているだけなので、水に触れたりすると落ちる恐れがあります。
できれば購入を控えて、爪で固定をしているものが良いでしょう。
見た目も華やかで存在感もあり、おすすめできる逸品といえるものです。

プロポーズリングで個性を演出したければ

プロポーズリングで個性を演出したければ パートナーにプロポーズする際に渡すプロポーズリングは、出来るだけ相手にサプライズ感を与えるためにも個性的なデザインを選びたいという声は多いです。
せっかく相手に送るジュエリーだからこそ、他の人とは被らないちょっとした個性は取り入れたいという考えを持っている方は増えており、様々なジュエリーをチェックしています。
そこで他人と被らないジュエリーデザインとして取り入れたいのが、鮮やかなカラーを取り入れたタイプです。
デザインやカラー、金属を組み合わせて自分らしい表現が出来る世界でたった一つの指輪を作ることができます。
カラーを入れるといっても透明感のある多彩な色彩から相手の好きな色をセレクトすることができますし、グラデーションカラーにすればより華やかな仕上がりになります。
他にもダイヤモンドではなくカラーストーンを取り入れたジュエリーもおすすめです。
お二人のパワーストーンや好みをカラーストーンに反映させることで、2人だけの思い出のジュエリーにすることができます。
また近年男性を中心に人気が高まるブラックダイヤをあえて取り入れるという方も増えています。
普段使いしやすく男性でもと身に着けやすいと人気のプロポーズリングです。